菅谷信一のプロジェクト/マスコミ掲載履歴

障害者のためのビジネス企画

プロデューサー・菅谷信一のビジネス企画の原点がこれ。
不況の波は障害者施設にもおとずれ、障害者従業員のための新規ビジネス立ち上げを一人で担当。一般市民向けのパソコンスクールを1996年9月にオープン。初年度のべ1500名の受講者を得る。
また、福祉に関する企画提案も積極的に行い、当時流行した「プリクラ」を車椅子ユーザーが利用するための機器をゲーム機メーカーに提案し採用された。

「障害者運営パソコンスクール開講」【茨城新聞/1996年9月29日】

「写真シール機・障害者の声にスロープ台設置」【朝日新聞/1998年1月8日】